出会い系で女子中学生に売春強要

女子中学生に売春させる 暴力団組員ら逮捕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160707-00010389-kana-l14

女子中学生をマンションに住まわせて売春させたとして、県警少年捜査課と川崎署は6日、児童福祉法違反(有害支配・児童淫行)と売春防止法違反(周旋)の疑いで、(略)4容疑者を逮捕した。

逮捕容疑は、共謀して昨年12月2日から今年3月27日にかけ、綾瀬市に住む市立中学2年の女子生徒(14)を川崎区内のマンションに居住させ、出会い系サイトで集めた不特定多数の男性客と売春させるなどした、としている。

川崎市内を転々としながら4カ月で計100回ほど売春させられていた。
1回当たり1万5千~3万円の代金は無職の男と折半していた。

出会い系サイト自体は年齢確認が必須なため中学生が使用することはできませんが、事件のように大人を介して場に現れることはあります。
基本的に買春した側の男性が捕まることはまずないでしょう。
しかし、メールの内容や見た目で明らかに中学生と分かっていたにも関わらず、性行為に及んだ場合は逮捕の可能性もでてきます。
ここまで捜査するかどうかは警察の匙加減としか言いようがありませんが。

4ヶ月で100回ほどというと、ひと月あたり25回程度。
ほぼ週休二日の会社員と同じ勤務になりますが、実際は1日で複数回会っていることのほうが多いでしょう。

平均2万円として100回行うと200万円の稼ぎになります。
折半とのことなので少女側の稼ぎは100万円程度でしょうか。
とてもマトモな神経では使えるお金ではないでしょうが、中学生としては大金になりますね。

以前より少なくはなりましたが、ハピメやワクメのアダルト掲示板にはまだまだ援デリ業者は存在します。
そして援デリの中には今回の事件のように犯罪がらみのものもあります。

自分の身を守るためにも援デリには手を出さないことが賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です