女性のムラムラする性欲を抑える方法

性欲があるのは心身ともに健康である証拠ともいえます。
しかし、人によっては性欲が強くて困ってしまう場合もあります。

仕事が手に付かなくなってしまったり、ボーッとする時間が増えてしまったり・・・
ムラムラを抑えるのが大変です。

ここでは性欲亢進(こうしん)する原因と性欲を抑える方法をまとめてみました。

女性の性欲解消方法

性欲が強くなる原因

健康的な身体であれば性欲が溜まるのはごく自然なことです。
しかし生活習慣などによりその度合が変わってくることもあります。

過度のストレス

ストレスは性欲の増幅源になっているという話はよく耳にします。
SEXでストレスを発散している人も多いでしょう。
性欲でストレスを発散できるという結果ありきで、ストレスが溜まると性欲が強くなるのかもしれません。

体力を持て余す

体力が有り余っていると、何かで体力を消費しようとします。
スポーツなどが最適なのでしょうが、家でゴロゴロしている時などに「さぁ今から運動しよう」という気にはなかなかならないものです。
そうした場合もっとも手軽に発散できる性欲として現れます。

暇をもてあます

精神的にも時間的にも余裕がありボーッとしていることが多いと性欲が溜まりやす傾向があります。
知らず知らずのうちに脳が快楽を求めるようにできているからです。
テレビ観たり本を読んでいたりしても集中できていないと別の思考が働き性欲増幅に繋がることもあります。

ムラムラとした性欲を抑える方法は??

性欲を抑える効果があるものをいくつかピックアップしてみました。

運動する

1番オーソドックスで1番オススメなのが運動をすることです。
できればクタクタになるまで運動をしましょう。
相手のいるスポーツがおすすめですが、自分を追い込めるのならランニングなどの個人スポーツでも良いです。

体力を使い切ることで性欲よりも睡眠欲のほうが強くなります。
また汗をかくことがストレス発散にもつながり性欲抑制になります。

なにかに没頭する

仕事でも趣味でも良いので、とにかく自分が没頭できるものを見つけそれに集中することです。
余計なことを考えない、他のことに時間を割くのがもったいないと思える状態を作ることが大切です。

早寝早起きする

性欲が一番溜まりやすいのが夜、家にいるタイミングです。
家にいる時間を極力減らし、家に帰ったらなるべく早く寝て早く起きる習慣を身につけるのも一つの手です。

カラオケで歌う

ストレス発散に一番効果的なのがカラオケです。
思いっきり大声を出すことは心肺機能の活性化にもつながりストレスも吹き飛びます!
一緒にいく友人がいなかったり、音痴で自信がなかったりしても、いまは一人カラオケというものが一般的に認知されてきています。
周りを気にせず一人で歌いまくれるのでヒトカラは最高のストレス発散になると思います。

食べ物で性欲を抑える

これはあまり信ぴょう性がありません・・・

コーンフレークを食べると性欲を抑えられるという噂があるようです。
【仰天】コーンフレークは性欲抑制の為に開発された食品だった!

“質素な食事 → 性欲ダウン → 精神の安定” というロジック。

粗食と性欲の関係は科学的には立証されていませんが、手軽に試せますのでチャレンジしてみても良いかもしれません。
しかし、効果の程は未知数!笑

その他

病気の可能性も考える

性欲が強いということは基本的には健康であるといえます。
しかし病気によって精神が不安定になると性欲が亢進されてしまうこともあります。
躁うつ病や総合失調症の場合にも性欲が増すことがあります。

また最近では「性依存症」という診断もされるようです。
Wikipedia

しかし、ちょっと性欲が強いかな・・・と感じる程度でしたら病気の心配をする必要はないでしょう。

治療はメンタル的なコントロールを中心とし、あわせて薬を処方することもあるようです。

中学生や高校生は気にする必要が無い

中学生や高校生の学生で性欲について悩んでしまう人も多くいます。
しかし、思春期を迎えた学生なら男女問わずに性欲が強くなるのは一般的といえます。
自分だけ・・・と思わずに周りも同じように悩んでる、と思ったほうが良いでしょう。

けっして恥ずかしいことではありませんので、あまり気にしなくてもよい年代です。

性欲を無理に抑えない

病気と診断されるレベルでない場合、性欲は無理に抑えずに発散させて行くのがベターです。
無理に抑制することはストレスにつながり、さらなる欲求不満を生み出します。

自慰行為でもパートナーとのSEXでも良いので適度に性欲を発散させましょう。

しかし女性の場合は男性と違って性欲を解消させるのが少々難しいかもしれません。

関連:性欲の強い女性が性欲を満たす3つの解消法

ユーザー体験談

性欲が強くて悩むことのある女性の方からいただいた体験談です。
どのように対処しているか参考になるかもしれません。

20代後半女性

私はかなり性欲が強い方です。
彼氏がいるいないに関わらず、ちょっとでも魅力的だなと思う男性とすれ違うと体が反応してしまいます。
ロマンティックな映画を見ても同じです。
勿論顔には出しませんが、内心はムズムズ。
家に帰ればオナニーで発散しますが、あまりやり過ぎると顔に吹き出物ができて良くないと聞いたので、別の方法で抑えています。

一番効果があるのは食べ物です。
美味しいものを食べていると性欲を忘れます。
特にゆっくり時間をかけて食べられるようなスイーツが一番効いている気がします。
仕事中等、堂々と食べられないときは飴をなめて誤魔化します。
また、女子トークでえげつない話をしているときも性欲が減退します。
男性には聞かせられない内容だからこそ、一時的に性を意識しなくなるのかもしれません。

20代女性

私は、生理の時以外、毎日でもしたいなと思う位性欲が強いです。
女性なのに、付き合う男性以上に性欲があり、とても困っています。

そんな私が性欲を抑えるためにやっていることは、暇な時間をなるべく作らないことです。
何もすることがなく、考えることがなくて暇だとやっぱり、ムラムラしてしまい、やりたいなと感じてしまいます。
なので友人と遊ぶ予定を入れるなどして、なるべく暇な時間をつくらないようにしています。

また、ジムに通い、運動をしています。
ジムに行って身体を使うと、もうくたくたになり、セックスしようとかいう気になれなります。
ですので、スポーツをして身体を疲れさせ、性欲を抑えこんでいます。
スポーツをすることで身体も鍛えられるので一石二鳥です。

30代女性

10代の頃からセックスに凄く興味があり、まだ初体験をしていない頃から1人で行為をしていました。
大人になりある程度の経験をし更に性欲が強くなり、パートナーが疲れて帰ってきても毎日求めていたので、結局相手の方から断られる事も多くなって欲求不満になりました。

無料のアダルトサイトで動画を見ながら1人でやってスッキリしていたのですが、何だかパターンがよめちゃって刺激がなくなり興奮しなくなってきました。

そんな時に官能小説サイトに出会いました。
ストーリーが長いので読むのに凄く時間がかかるのですが、その分ストーリーにのめり込んでいきやすく、自分が主人公になったつもりで話が進んでいくので、頭の中で性的欲求がはれるくらいの刺激を受けました。
その後のパートナーとのセックスは最高ですよ。

やはり何か別のもので気を紛らわすのが一番のようです。
自慰行為では物足りないと感じてしまうのは皆さん同じようです。

今後も体験談を追加予定です。

ラブパートナーを探してみる
PCMAXでセフレが見つかる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です